奄美大島の黒糖(黒砂糖)もずく、かりんとう、粒みそ、フルーツジュース、きび酢,もろみ酢,黒糖焼酎,ギフトセット(詰合せ),大島紬などを取り扱ったお土産品の通販ショップです

奄美物産
RSS

きび酢を摂取して健康体を維持しよう

自分の人生を楽しむ最大のコツは、健康でいることです。人は何をするにもまず健康体が前提となります。そのため多趣味でお金を持っていても、健康体がなければ楽しめません。人生を楽しむためには何よりも健康体を維持することが大切です。 そこで健康体を維持するためにはどのようにすればいいのかというとそれはきび酢を摂取することです。きび酢とは、さとうきびを原料にして作られたお酢のことを言います。きび酢には、いろいろな病気を予防してくれる成分がたくさん含まれています。そのため適度にきび酢を摂取することで、健康体を維持することができるのです。 きび酢にはどのような成分が含まれているのでしょうか。まずカリウムがあげられます。この成分は人の体内から塩分を取り除いてくれる働きをします。それにより血圧を下げる効果があり、高血圧を予防できるのです。高血圧は病気や心臓疾患の原因となり、人の健康を妨げます。 きび酢を摂取して高血圧を予防することで健康体を維持することが可能となります。それからポリフェノールも多く含まれています。この成分はがんの原因となる活性酸素の発生を防ぐ働きがあります。がんは人の死因の上位にあがる病気です。がんを予防できれば、必然的に健康体を維持することができるでしょう。

れんこんとさつまいもの甘辛煮

□材料(2〜3人分)

れんこん100g、さつまいも中サイズ1/2本、きび酢…大さじ3、醤油…大さじ3、砂糖…大さじ2、みりん…大さじ1、酒…大さじ1、片栗粉、油、黒ゴマ…お好みで、きび酢(れんこんをさらす用)

□作り方
  1. れんこんを0.5センチほどの厚さに切り、大きいものであれば半月切りやいちょう切りにし、酢水にさらす。さつまいもも同様に切り、水にさらす(10〜15分くらい)。
  2. さらしたれんこんとさつまいもを耐熱容器に入れ、ラップをし2分ほど加熱する。
  3. 加熱したれんこんとさつまいもに片栗粉をまぶす。酢、醤油、砂糖、みりん、酒を入れて合わせ調味料を作る。
  4. フライパンに多めの油を入れ火にかけ、れんこんとさつまいもを揚げ焼きする。
  5. 揚げ焼きしたフライパンに油が残っていなければ、そのまま使用する。油が残っていれば、キッチンペーパーでふき取る。合わせ調味料を加え、とろみがでるまで煮詰める。全体に味が絡まったら、仕上げにお好みで黒ゴマをふりかければ完成。

■ワンポイントアドバイス

さらしたれんこんとさつまいもを電子レンジで加熱することで、揚げる時間を短縮、洗い物を減らします。

唐揚げのきび酢ソースかけ

□材料(2人分)

鶏肉モモ肉…2枚、醤油(こいくち)…大さじ1、酒…小さじ2、片栗粉、卵…1個、唐揚げのタレの材料、中華スープの素(50cc)、にんにく(1かけら)ショウガ(1かけら)、醤油(大さじ3)、酢(大さじ2)、ごま油(大さじ1)、唐辛子適量、長ねぎ(5僉

□作り方
  1. 普通の唐揚げの作り方と一緒で、鶏肉に醤油と酒を入れ、肉に染み込ませるように、揉むようにして混ぜます。
  2. 30分鶏もも肉を置いておきます。
  3. 置いておいた鶏肉に卵、片栗粉の順で付けて行きます。
  4. 中温の脂で揚げていきます。(160度〜170度です。)
  5. これで普通の唐揚げができます。ですが、これだけでは味が薄いので、次は唐揚げに付けるタレ作りです。(メインはこれです。)
□タレの作り方
  1. ニンニク、ショウガ、長ネギは、全部みじん切りにして、ボールの中に入れます。
  2. 1のボール中に、中華スープの素、醤油、酢、ごま油、唐辛子を入れます。
  3. タレをかき混ぜて、唐揚げの上にかければ出来上がりです。

■ワンポイントアドバイス

中華スープがない方は、普通の水でもかまいません。唐揚げに砂糖を入れなくても、タレに酢が入っているので、肉が自然とやわらかくなります。中華のタレですが、他にも、トマトのサラダ、タラのフライなどにも合います。ゴハンが進む肉料理なので、1度ためしてみてください。

きび酢の商品ページはこちら

健康効果が注目されているきび酢とは

奄美物産の加計呂麻きび酢の入ったグラス

お酢を使った健康術というのは数ありますが、使うお酢の違いによってその効能も違ってきます。こうしたお酢の健康術に使われるお酢は黒酢というのが定番ですが、近年注目されてきているのが沖縄などで栽培されているサトウキビを原料としたお酢、「きび酢」というものです。きび酢、と聞いてもあまりピンとこない方も多いかもしれません。きび酢は奄美大島からフェリーで15分程度で行ける島、加計呂麻(かけろま)島という島で伝統的に造られているお酢です。

本州などに住んでいる方にはあまり耳慣れないお酢だと思います。アミノ酸が豊富な黒酢とは違って、ミネラル分が豊富なお酢となっていて、カリウムや鉄やカルシウムといったミネラル成分が、一般的な穀物酢の10倍も含まれています。マグネシウムも2倍、さらには抗酸化物質であるポリフェノールも7倍ということで、一般的な穀物酢に比べて美容健康に適したお酢なのです。

抗酸化物質によるシミやシワの予防というのはよく知られていることですし、他にも健康効果としてカリウムによる動脈硬化や糖尿病、認知症の予防にも効果があると言われていますし、鉄分が豊富ということで貧血防止や血圧・コレステロールの低下などの効果もあります。ミネラルをサプリで補っている方などにオススメで、調理に使う、薄めて飲むなど利用方法も様々。健康維持には是非活用してみたいお酢です。

奇跡の酢、きび酢の健康効果に迫ります!

きび酢の「きび」は、さとうきびのこと。さとうきびのしぼり汁を大気中の酢酸菌や天然の酵母菌で発酵することできび酢は作られます。発酵も熟成も自然まかせ、大量生産はできません。長期熟成されるため味は他の酢と比べてかなりなめらか、ほのかな甘みもあり飲みやすいのが特徴です。

  • きび酢のダイエット効果:きび酢には、オクタコサノール、D‐マンニトール、クロロゲン酸が含まれています。オクタコサノールは運動能力を向上させる効果が。甘みがあり低カロリー、利尿作用や便秘解消効果が期待できるD‐マンニトール、クロロゲン酸には脂肪燃焼効果が期待できます。だからダイエットにきび酢は効果的なんですね。
  • きび酢の健康効果:動脈硬化予防、高血圧予防、美肌効果も。ポリフェノール豊富なのでアンチエイジング効果も期待できます。
  • きび酢の摂り方:1日あたり大さじ1杯から2杯が摂取目安です。8倍から10倍の水で薄めて飲んだり、ハチミツや黒糖シロップを入れると飲みやすいです。野菜ジュースやフルーツジュースに入れても、炭酸で割っても◎。酸っぱいのがどうしても苦手…という方はサプリメントで摂るのがおすすめです。サプリメントならば毎日続けて摂りやすいのがいいですね。

かぶの酢醤油漬

□材料(2〜3人分)

かぶ…中サイズ3個、酢…大さじ1、醤油…大さじ3、みりん…大さじ2、酒…大さじ1、唐辛子…1/2個、しょうがの千切り…少々、水

□作り方
  1. かぶの皮をむき、4等分〜8等分に切り、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱する。※電子レンジにかける時間の目安は、かぶ中サイズ3個:1分、竹串が刺さるくらい 
  2. 電子レンジにかけている間に漬け汁を作る。唐辛子を小口切りにし、しょうがは千切りにする。切った唐辛子としょうがをボウルに入れ、酢、醤油、みりん、酒と混ぜ合わせ、お好みで水で薄める 
  3. 電子レンジにかけたかぶを加えて、混ぜ合わせて1時間ほど置く。途中で何度かかき混ぜる

■ワンポイントアドバイス

とても簡単レシピです。漬け汁にお好みで砂糖を加えるとさらに甘酸っぱい感じになります。漬け汁を味見した時にご自分がちょうどいい程度に水で薄めてください。きゅうりや切り干し大根など他の野菜でもできるので、季節ごとの野菜で作れます。※きゅうりの場合は少し塩でもんでから漬けた方が味がよくつきます。切り干し大根の場合は、水でもどした後、かぶと同様に電子レンジで加熱します。

きび酢の商品ページはこちら

きび酢の素晴らしい効果

近年ちょっと話題きび酢は、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分などをバランスよく含み、米酢や玄米酢などと比べてポリフェノールが2〜3倍も多く含まれています。それに、ナトリウムの含有量が少ないので、塩分が気になるという人にもお勧めです。むくみを改善する効果もありますので、夕方になると足がパンパンになる人にもお勧めです。 きび酢は、サトウキビのしぼり汁を釜で煮立てて、醗酵させたものです。焼酎の水割りに、きび酢を少量いれて飲むと、次の日に二日酔いになりにくいといった効果があります。アミノ酸が豊富に含まれているので、疲労回復効果や、基礎代謝が高くなりダイエット効果も期待することが出来ます。ダイエット目的で飲む場合は、1日3杯目安で飲むと効果が出やすいとされています。 きび酢には、鉄分も豊富に含まれていますので、貧血予防や血行不良の改善にも効果があります。毎日きび酢を飲むことで、冷え性を改善することが出来ますよ。また、ポリフェノールの強い抗酸化作用によって、活性酸素が除去されますので、アンチエイジング効果も期待できます。原液のままだと、飲みにくいですが、ヨーグルトに混ぜたり、酢豚や酢の物など、料理に使用すると、気軽にきび酢を摂ることが出来ます。ハチミツと炭酸で割ったり、ジュースで割ったりすると飲みやすくなります。

きび酢の強みを生かし活用する

きび酢がちょっとしたブームとして話題になっています。奄美大島で生産されるきび酢は健康維持などの点から広く注目されてきています。しかし比較的新しい代物だけにどのように活用していいのかわからない人も多いのではないでしょうか。きび酢は、お酢の中でも味わいがまったりしているため、そのまま水で薄めて飲むより、料理に混ぜてしまうのがおすすめです。きび酢のフルーティな飲み心地が、いい感じに料理とマッチしてくれるでしょう。サラダの調味料として入れたり、スムージーにしたりするのがおすすめです。 運動やダイエットの栄養補給としてきび酢を利用するのはアリです。とりわけダイエット挑戦者の多くが、食事制限により栄養が偏ったり不足したりします。特にビタミン・ミネラルの不足は健康にも悪影響です。きび酢はこのうち、ミネラルがとても豊富なので、運動やダイエット中の健康維持にも大きく寄与してくれるでしょう。 差し入れのほか、お中元やお歳暮の品として贈呈するのも良いでしょう。若い子にはあまり喜ばれないかもしれませんので、そのあたりは慎重に。いかがでしたでしょうか。基本的に使い方にいろいろな幅があるのがきび酢の良いところなので、ぜひ活用してみてください。

ナスの甘酢漬け

□材料

ナス1kg、塩60g、ミョウバン7g、甘酢(砂糖120g、みりん100cc、きび酢100cc)~400gが適量です。きび酢ワンカップ程、砂糖大さじ1から2、塩小さじ1、水少々

□作り方
  1. ナスを8个らいの輪切り(皮が固ければ5弌砲棒擇蟇
  2. ミョウバンとよく混ぜ、半日〜1日くらい重石をして水が上がってくるまで待つ。
  3. ナスを絞って水けをとり甘酢と混ぜ、軽く重石をして1日くらい置いて味を見る

■ワンポイントアドバイス

最近は家庭菜園で野菜を作る方が増えていてナスはその定番ですが、夏の収穫期になると産直コーナーでも格安販売があるのでそんな時に購入して作るとお得です。ナスは新しいものは上記のとおりですが、少し古くなると水の上りが悪いので塩漬けする日にちを長くしてください。また塩漬けの後、水気をしっかり絞ってください。甘酢と馴染んでいなければ漬ける日にちを長くしてください。
この甘酢漬けは大量に作っておいてフリーザーパックに小分けして冷凍しておくと大変便利です。冷凍した甘酢漬けを翌年の5月に食べてみましたが味も食感も変わりなく、たいへん美味しく食べることができました。春先は漬物も無いし、買うと高いのでそんな時には本当に重宝ですし、ちょっとしたお使い物としても喜ばれます。

きび酢の商品ページはこちら

話題になること間違い無しのきび酢とは

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

近年ちょっと話題に上ることも増えてきた健康食品として、きび酢というものがあります。これは、さとうきびを原料にしたお酢で、一般的に販売されている穀物酢や果実酢、お酢の中でも高い人気を誇る黒酢などと違って、スーパーなどではあまり見かけないタイプのお酢です。このきび酢ですが、さとうきびを原料にしているということもあり、さとうきびの生産で有名な沖縄や鹿児島県南部の奄美大島などにおいてメジャーなお酢です。一般的な穀物酢に比べてその栄養素の含有量がはるかに多く、その量はおよそ10倍。研究によって、その健康効果が認められ、テレビなどの様々なメディアで取り上げられることでその知名度を高めています。 きび酢は、さとうきびが原料ということで、他のお酢とは若干違った成分となっています。その違いというのが、オリゴ糖の存在です。一般的な穀物酢に含まれる糖質は、ブドウ糖のみとなっています。しかし、きび酢にはブドウ糖とオリゴ糖の2つが含まれていて、ブドウ糖がお酢へと変化するのですが、オリゴ糖は変化せずにそのままお酢の中に成分として残ります。 その結果、オリゴ糖によって他のお酢よりもまろやかな味わいとなって飲みやすく、ミネラル分などの栄養素が豊富に含まれるのです。まだ知名度は高いとは言えませんが、今後さらに話題になるのがこのきび酢なのです。

きび酢で毎日はつらつと!

きび酢の健康効果は非常に優れていて、今とても注目されています。「病気でも風邪でもないけれど、最近、なんとなくだるいな…」と不調を感じている方にぴったりなのです。そんなきび酢の健康効果をご紹介したいと思います。きび酢にはミネラルやポリフェノールが含まれています。 中でも、鉄分やカルシウム、カリウムやマグネシウムなどが豊富に含まれており、鉄分は貧血防止に、カルシウムは骨を健やかに保ちます。またカリウムは血圧を下げたり、余分な水分を排出ささてくれる効果があり、マグネシウムは血糖値の上昇を防いだり、便秘解消効果に優れています。 また、ポリフェノールも豊富に含まれており、ガンや認知症、現代習慣病を防いでくれる健康効果や、シミやシワなどを防いでくれるアンチエイジング効果に優れています。さらには、オクタコサノールやクロロゲン酸も含まれており、これらは脂肪燃焼効果や、代謝を上げてくれる作用があり、ダイエットにとても有効的です。 このように、きび酢にはとても豊富な健康や美容に役立つ成分が含まれているのです。そのままお湯割りや炭酸割りにして飲んだり、様々な料理に使うことができます。ぜひ、きび酢を積極的に摂取して、はつらつと健康的に、そして美しく毎日を過ごしましょう。

ドリンクで気軽にきび酢を摂取

健康のためにきび酢を摂取する、その活用法の一つにドリンクとして飲むという方法があります。薄めた酢を健康ドリンク代わりに飲む行為は、一般的によく行われるものですが、長期の熟成によってつくられるきび酢は通常の酢よりもまろやかな風味を持つため、より違和感のない形で取り入れることが可能です。 最もスタンダードな飲み方は、大さじ1杯から2杯のきび酢を100mlから150mlほどの水で割り、空腹時を避けて飲むというものです。酢は健康効果が高いことに比例して刺激も強いので、むやみやたらに量を飲めばいいというわけではなく、その効果を得るには1日15mlのきび酢を飲めばノルマは達成されると言われます。ただこの場合にはただ酢を薄めたものを口にすることになるので、それでは味気ない、また独特の香りが気になって飲みにくいというのなら、はちみつや黒蜜で甘みを足すのがよいでしょう。 今、きび酢ドリンクの飲み方として流行っているのは、果物を漬け込みサワードリンクとして飲むといったスタイルで、リンゴやイチゴや梅などと、好きな果実を入れて楽しめるところに魅力があります。きび酢をおいしいドリンクとして加工し、毎日摂取していけば、その効果を思う存分得ることができるでしょう。

きび酢の商品ページはこちら

運動してきび酢を飲みましょう

きび酢は、鹿児島県の奄美地方にある加計呂麻島から取れた天然サトウキビを豊富に使って作られているお酢で、現在とても人気になっている商品なのです。きび酢は普通のお酢と違ってサトウキビを使用していることにより、カルシウムや鉄分といったミネラル、ポリフェノールがとても多いのでバランスが良く、お酢の中にある成分との相性が抜群に良いので健康食品としてとても優れています。

そして何よりこのきび酢は自然発酵させて作っているので、余分な成分が一切入っていないこともあり、誰でも安心して飲むことが出来ます。そしてきび酢の中には、クロロゲン酸、オクタコサノールと言われるダイエット効果がある成分も含まれています。きび酢を飲むことにより、食べた物や飲んだ者の糖質などを分解してくれて、血糖値の上昇を抑えるのでダイエット効果が凄くあり、さらには、体の中にある脂肪分を一気に燃焼してくれるので、痩せやすい体を作ってくれます。

オクタコサノールはダイエット効果があると同時に、体力やスタミナ、持久力や忍耐力、精神力といった運動に必要な力まで強化してくれます。もし、ジムや公園などでダイエットをしていているという人は、ダイエット効果と運動力強化が出来るので、きび酢が凄くオススメです。

きび酢の製法と驚きの効果

サトウキビと島の湧き水のみを使い、その製法はサトウキビを皮ごと搾り、その糖水を煮て糖度を上げ、水を加えて2〜3年発酵、熟成します。サトウキビの栽培から完成まで4年もかかる貴重な酢で、長期熟成されるためまろやかで濃い琥珀色をしており、まろやかで甘みもあり飲みやすいです。

その栄養はカルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルが豊富で、塩分が少なく低カロリー、酢の中でも群をぬきポリフェノールを多く含みます。強力な抗酸化作用が、老化や病気の原因になる活性酸素を除去して、若さを保つ働きをしてくれます。栄養素豊富な上にアンチエイリアシングの効果を期待できるなんて、女性にとって正に夢の食品と言えます。

また代謝を上げるオクタコサノールやマンニトール、クロロゲン酸など機能性成分が含まれるためダイエット効果もあります。マンニトールには整腸作用があるので便秘解消も期待できます。大変貴重な酢ですが、島民は飲用の他揚げ物にかけたりすし酢にしたりと幅広く日常に取り入れて、健康な生活をしています。きび酢のミネラルとポリフェノール含有量の圧倒的な多さは、珊瑚礁や豊かな湧き水に恵まれた加計呂麻島の自然環境の産物で、まさに自然の恵みと言えるでしょう。

しょうがの甘酢漬け

家庭料理の手巻き寿司によく合うしょうがの甘酢漬けのレシピをご紹介します。
お寿司を買う時についてくる生姜ですが、家庭料理の際には手作りの生姜を用意すると食も進みます。

□材料

生姜は必要な分量を用意します。約200~400gが適量です。きび酢ワンカップ程、砂糖大さじ1から2、塩小さじ1、水少々

□作り方
  1. 生姜は包丁もしくはスライサーを使用して、ごぼうのように皮を向きます。その後、繊維に沿って薄くスライスします。ボウルなどに張った水分にスライスした生姜をつけておきます。
  2. お酢と砂糖、塩、水を混ぜます。
  3. ザルにスライスした生姜をいれて水を切ります。弱火の沸騰したお鍋のお湯に生姜のスライスを浸して数秒湯がきます。
  4. 生姜のスライスを湯切りした直後に甘酢の瓶に漬けます。約数分で漬け上がると完成です。

■ワンポイントアドバイス

しょうがの甘酢漬けは冷蔵庫で約1、2ヶ月は保存が効くため、作り置きには大変便利な品です。食味を良くするためには、生姜のスライスは繊維を傷めないように気をつけながら薄く切ることが大切です。お酢にみりんや、すだちを加えてアクセントにすることもできます。お好みの風味に調整して美味しく頂いてください。以上、しょうがの甘酢漬けのレシピのご紹介でした。

きび酢の商品ページはこちら

きび酢の効能

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

きび酢とは、さとうきびだけを原料としたお酢のことで、主に与論島のものを原料としています。きび酢は通常のものよりも身体に良い成分がたくさん含まれています。その成分と効能について詳しく紹介していきます。

  1. カリウムによるむくみ解消、血圧安定:カリウムには、体内の水分バランスを整えてくれる働きがあります。余分な水分を排出してくれるので、むくみ解消や、また血圧を安定させる効果もあります。カリウムはナトリウム(塩分)とバランスを取っているのですが、私たち日本人の食生活は、塩分をとり過ぎる傾向にあるので、積極的に摂取するべき成分です。きび酢にはこのカリウムが通常の酢に比べて約10倍含まれています。
  2. 鉄分による貧血予防、疲れにくい体作り:きび酢には通常の酢の約10倍もの量が含まれている鉄分。鉄分は体内に酸素を送る血液のなかに多く存在しており、鉄分が不足することで疲れやすくなったり、貧血になったりします。特に女性は鉄分が不足しがちな傾向にあるので、きび酢をのむことで効率よく摂取することができます。
  3. ポリフェノールによる抗酸化作用:老化の原因となる活性酸素を除去してくれる抗酸化作用の高いポリフェノール。こちらは通常の酢に比べて7倍入っていると言われています。ポリフェノールには、老化を抑えるだけでなく、動脈硬化の予防や、ガンを予防する効果もあると言われています。

骨粗しょう症と血圧の高い人にも効果のあるきび酢

多くの人たちは健康食品やサプリメントに大きな興味を持っていますが、自分の中でどれがいいのかわからない、とりあえず体にいいと言われているものを取り入れようという気持ちになっているかもしれません。そういわれているものは無数にあるのですが、きび酢は最近じわじわと注目されています。
しかも自然発酵によって2年も熟成されているということですから特異で珍しいものともいえるかもしれません。このきび酢の特徴というのは、他の酢と比べて明らかに塩分が少ないということで、ヘルシーさがあるということです。血圧が気になってしまっている人にはとても嬉しい酢であるといえるでしょう。
また、高齢者の間で問題になっている骨粗しょう症はとても深刻であり、早めに対策をしておかないとそうなりやすいのですが、このきび酢というのは、カルシウムそしてマグネシウムそしてアミノ酸という成分が多く入っていることで、強い骨をしっかりと保つ働きをしてくれます。若いときからそして中年層の人たちがこのきび酢を摂取することで、健康を促進していくことができるでしょう。

酢でかんたんカフェ風サラダ

彩りのあるサラダを夕飯に添えて、毎日の食卓に彩りを。今回紹介する酢でかんたんカフェ風サラダは、よく登場するレシピになっています。

□材料(2人分)

きび酢…大さじ1、オリーブオイル…大さじ2、マスタード…小さじ1、塩…1つまみ、こしょう…1つまみ、トマト…1個、マンゴー…1個、アボガド…1個、むき海老…50g、玉ねぎ…1/4

□作り方
  1. 玉ねぎをスライスし、塩もみして水気を切る。
  2. むき海老をしっかりと茹でる。
  3. トマト、マンゴー、アボガドを1口大に切る。
  4.  銑を併せてお皿に盛り、酢、オリーブオイル、マスタード、塩、こしょうを混ぜたドレッシングをかけて完成。

■ワンポイントアドバイス

玉ねぎの塩もみはマストです。これをしないと、水気の多いぺちゃぺちゃなサラダになってしまうので注意しましょう。トマト、マンゴー、アボガドは同じくらいの大きさに切ると、見栄えも良くてGoodです。マスタードの量を増減すれば、子どもでも楽しめますし、大人のお酒のおつまみにもなります。上記の他にも、ホタテやサーモンなど自分のお好みの海鮮類を加えてみるのも良いでしょう。味の深みが増して美味しくなると思います。

きび酢の商品ページはこちら

健康に嬉しいきび酢の特徴ついて

健康食品には様々なものがありますが、伝統的な日本食にも様々な健康にいい食べ物があり特に酢はとても健康にいいとされています。最近特に有名になってきているのは黒酢でしょうが、それ以外にはサトウキビから取れるきび酢というものがあります。サトウキビといったら甘いイメージがあるので酸っぱい酢とからはイメージが離れていると思いますが、しかし健康効果としてはとても高い特徴を持っているのです。 このきび酢ですが沖縄で取れるサトウキビから作られていることもあって、サトウキビのしぼり汁を天然の酢酸菌や酵母菌などで発酵させることで作られているので植物由来の安心感があります。このきび酢の効果については抗酸化作用としてポリフェノールがとても多く含まれている他にも、様々なビタミンミネラルが配合されておりダイエット効果もとても高いのが特徴となっています。 特にダイエット効果があるとされている成分にはオクタコサノールやD‐マンニトールなどがあり、これらによって整腸効果や脂肪燃焼効果もあるというので、女性の健康にとって嬉しい成分なのがきび酢なのです。えんぶんが少なくカロリーも少ないというのも飲み続ける健康食品としてとても効果的な点であり人気急上昇中なんです。

健康に良いだけじゃない!美肌やダイエット効果もあるきび酢

きび酢にはたくさんの効能があると言われています。きび酢に含まれているポリフェノールやミネラル、オクタコサノール、酢酸が女性には嬉しい効能を与えてくれます。まずは、美容効果です。きび酢に含まれるポリフェノールは抗酸化作用があるので、肌トラブルを引き起こす元となる活性酸素を撃退してくれます。また紫外線によるダメージを和らげてくれる作用もあり、アンチエイジング効果も見込めます。 次にダイエット効果です。お酢ダイエットは有名ですが、その中でもきび酢は普通のお酢よりもよりダイエットに向いたお酢なのです。普通のお酢には含まれないオクタコサノールが、脂肪を燃焼させて代謝を上げてくれます。またこのオクタコサノールには他にもストレス緩和効果やスタミナの強化などの効能があります。 次にむくみ解消効果です。ミネラルの1つであるカリウムが多く含まれているので、むくみには最適です。カリウムは水分代謝を促してくれるので、むくみ予防や改善をサポートします。次に高血圧の改善効果です。きび酢には普通のお酢に比べるとナトリウムが60分の1くらいしかありません。そのため高血圧の方にも安心して飲んで頂けます。美容やダイエット、また健康に良いきび酢を是非日々の食事に少しでも取り入れてみてください。

簡単!赤大根の甘酢漬け

□材料

材料 大根、赤大根、柚子、砂糖、きび酢

□作り方
  1. 大根を4分割にし、薄くスライスします。
  2. 赤大根を袋に入れ、塩を加えよく揉み10分程常温のまま置きます。
  3. 赤大根から水分が出ていることを確認し、軽くすすいでギュッと絞りしっかりと水気を取ります。
  4. 柚子を千切りにし、砂糖ときび酢を混ぜて置きます。
  5. 赤大根に、混ぜた砂糖ときび酢を加え柚子を入れて冷蔵庫に入れます。1時間程置いたら完成です。

■ワンポイントアドバイス

必ずしっかりと塩揉みをしてしっかり水気を切ってください。塩もみが甘いと上手く漬からず大根の辛味がキツくなってしまいます。また、甘めに作ったほうがお酢が苦手な方でも食べやすいです。手軽で簡単に出来るので常備菜としておすすめです。もう一品ほしい時にも便利でお酢を使っているので身体にも良くてとてもおいしいです。お酢が苦手でも食べやすくご飯のおかずやお茶のお供にもぴったりなのでぜひ試してみてください。

きび酢の商品ページはこちら

健やかな日々を過ごすのに効果的なきび酢

きび酢と料理の活用術

最近糖分や塩分が気になる方、人間ドッグなどで血糖値や高血圧と言われた方、食生活を変えることは出来ていますか?実際にかなり意識をしないと、日本食はこれらが高くなってしまう傾向にあるのですよね。例えば糖分ですが、米や味付けの砂糖などで高くなってしまいますし、塩分も醤油を使用すればおのずと高くなってしまいます。かといって、味も素っ気もない食事なんて生きている実感も無くなるほど嫌なものですよね。

そこでこうした食事内容を簡単に変えられる、魔法のような食材を紹介したいと思います。その食材とは、きび酢です。きび酢はサトウキビから生成されるお酢で、糖分や塩分が高い人には最適な食材です。何故なら、きび酢にはオクタコサノールという成分が含まれており、さらには際立って塩分が少ないお酢だからです。

オクタコサノールは糖分を燃焼してくれる成分ですので、米を始めとして味付けの砂糖から摂取した糖分の燃焼を助けてくれます。もちろんお酢なので余分な脂肪の燃焼も期待できますね。そして強調したいのが、塩分が際立って低い点なのです。これにより、日常の塩分をかなり減らすことができるのです。味自体もまろやかなものですので、醤油の代わりにきび酢をかけることで味気ない食事内容からは解放されますよ。

鶏の手羽元と大根のさっぱり煮込み

□材料

鶏手羽元:10本(鶏モモ肉でもOK)、大根:1/2本、卵:4個、しょうゆ:大さじ4、きび酢:大さじ4、砂糖:大さじ3、みりん:大さじ3、お酒:大さじ3、水:150cc、にんにく:2片、油:大さじ1

□作り方
  1. ゆで卵をゆでる(お好みで半熟卵)
  2. 大根を切る。大き目の乱切り、もしくは太目のいちょう切りで。
    (電子レンジで5分ほどチンしておくと、時短にもなりますし煮込んだ際に味がしみやすいと思います)
  3. にんにくをおろす(にんにくチューブでもよい)
  4. お鍋もしくはフライパンに油を入れ熱する
  5. にんにくを入れて熱し、香りが出てきたら鶏肉を入れる。少し焼きめがつく程度に
  6. 大根とゆで卵を入れて、鶏肉となじませる
  7. 水、しょうゆ、みりん、お酒、砂糖、お酢を入れる
  8. フタをして中火で15分ほど煮込む。その際、あくが出てきたらこまめに取り除く
  9. 煮汁が少しになるまで火加減を調節して煮込む
    お好みで甘めが好きな方は、お砂糖を多めに入れてもよいかと思います。また、とろみを出したければ、片栗でとろみをつけて下さい。
  10. お皿に盛り付けて出来上がり

■ワンポイントアドバイス

きび酢は体にもいいですし、お砂糖やみりんなどと一緒に煮込むことでお子様にも美味しく召し上がっていただける料理だと思います。

白菜のゆず風味漬け

□材料

白菜:1/2、大根:細め半分、人参:1/4、ゆず:1個、出汁顆粒タイプ:大さじ1/2、塩:大さじ1/2、砂糖:小さじ2、きび酢:大さじ5

□作り方
  1. 白菜を千切りにする。できるだけ細かく切る。人参も大根も同じくらいの細さに切る。
  2. ゆずは皮と果肉を分けて、皮は白菜などと同じように細かく刻み、果肉は後で使うので取っておく。
  3. すべて切り終わったら、大きめなボールなどの容器に入れ塩を振りかけて手で混ぜる。
  4. 少し柔らかくなったら、残りの顆粒出汁、砂糖、きび酢を入れてもう一度混ぜる。
  5. 先ほど残しておいたゆずの果肉の半分を絞り入れる。
  6. ボールにラップをかけて冷蔵庫で3〜4時間ほど冷やしておきます。

■ワンポイントアドバイス

おいしく食べるポイントとしては食べる直前に残りのゆずの果肉を絞り入れると香りが立ってより美味しく召し上がっていただけます。また、人参が苦手な方は彩りとして入れているだけなので大根のみでも食感を楽しんでいただけると思います。また、白菜をキャベツに変えたり、りんごや砕いたアーモンドを入れても美味しいと思います。これからの季節の野菜を使っているので、お正月や人が集まる時の付け合わせなどに簡単に作っていただけるのでいかがでしょうか。

きび酢の商品ページはこちら

きび酢の効果とおいしい活用術

きび酢と料理の活用術

きび酢って聞いたことありますか?酢は体にいいとは知っていますが、その中でも特にきび酢がいいらしいんです。そもそもきび酢とは、サトウキビのしぼり汁を特殊な菌により発酵醸造した希少価値の高いお酢で、奇跡の酢とも呼ばれているそうです。きび酢には、大自然の中で豊富なミネラルを含む水で育ったサトウキビを使用していますので、ミネラルがたっぷりと含まれています。
また、過酷な環境の中で身を守るためサトウキビ自らが生み出したポリフェノールも豊富です。ポリフェノールは、抗酸化作用があり美肌作りにかかせない成分。シミやシワなどの肌トラブルの原因となる活性酸素をブロックしてくれます。また血液サラサラ効果もありますので、血行が良くなる事によって肌の調子を整える、動脈硬化の予防、冷え性の予防などの効果もあります。
またきび酢にはオクタコサノールと呼ばれるアルコールの一種で果物などから抽出される最近話題の成分も含まれています。この成分は、今ある脂肪を燃焼してくれる効果や、また食事によって吸収した脂肪を体外へ排出してくれる効果もあり、ダイエットや生活習慣病予防に有効なサポート成分です。オクタコサノールは、脂肪に対する効果だけでなく、疲労回復や体力の維持にも有効だという報告もあるそうで、きび酢にはあらゆる健康や美容への効果が期待できるすばらしい食品だということがうかがえます。

おいしさ重視のきび酢活用術

さとうきびから作られた酢というと、とても甘い酢のように思えるかもしれませんが、あくまでも酢は酢ですので、砂糖で甘みをつけたドリンク専用として作られた果実酢のようにはなりません。健康的に酢を摂取する方法としては、そのままお湯で割って飲むというのが一般的ですが、例えきび酢であったとしても、そうしておいしさを感じるのはややハードルが高いことになります。酢の割にはまろやかな酸味や深いコク、味わうとよく感じる天然のさとうきびの甘みを利用して、炭酸水や野菜ジュースで割ってみたり水やお湯だけではなくハチミツを投入してみたりとすると、打って変わっておいしく飲めるようになるのでおすすめです。
きび酢は他の酢と同じように、料理に活用することもできるので、ただ飲むだけではなく、食事の中で楽しんで摂っていっても構いません。揚げ物にひとさじかけて、さっぱりとその油を味わうもよし、野菜にかけてドレッシングとして使用するもよし、肉や魚を柔らかくするために活用してもよしの優れものです。
無理に摂取するのではなく、おいしさを感じながら得ていくことで、習慣としやすくなります。きび酢を味わいつつ、体にもたらす良い変化も残さず受け取って、健康的な生活を送っていきましょう。

野菜不足解消簡単にピクルス

意識しないと陥りがちなのが、野菜不足という人も多いのではないでしょうか。我が家では、小学2年生の娘もパクパク食べてくれる、私のお気楽レシピ、簡単ピクルスがあります。自宅で簡単にピクルスを作って、野菜不足を解消しましょう。

□材料

きび酢ドレッシング(好きな野菜(我が家では、きゅうり、ミニトマト、パプリカ、タマネギが人気)、きび酢:適量、酢と同じ分量の水、塩・砂糖:適量
たったこれだけの材料で作れるのが、このレシピの良いところです。

□作り方
  1. お好みで選んだ野菜を、たんざく切りにします。
  2. お鍋に適量のきび酢と、同じ分量の水を入れて、一煮立ちさせます。
  3. お鍋のきび酢と水が冷める前に、あらかじめ切っておいた野菜を入れます。それと、同時に塩と砂糖をお好みで入れます。塩と砂糖の入れすぎには注意が必要です。
  4. あとは、ジップロックや瓶などに入れて、冷蔵庫へ入れて冷えるのを待つだけで出来上がりです。

■ワンポイントアドバイス

大体きび酢150mlに水を150ml、塩小さじ1、砂糖小さじ2分の1に、野菜を適量入れて作るのが、我が家流。塩、砂糖の利かせ方がひとつのポイントになると思います。お好みで唐辛子など、辛みになるものを入れてみるのも、味がしまって良いかもしれません。

きび酢の商品ページはこちら

きび酢を日常的に取り入れる料理

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

きび酢と料理の活用術

きび酢というものは鹿児島県奄美地方で作られているサトウキビから抽出されたお酢ですが、近年の健康ブームに伴って注目度が高まってきているお酢となっています。効果に関してはポリフェノールやオクタコサノールなどからアンチエイジング効果からダイエットなど非常に良い効果があるので人気になってきているのですが、様々なアレンジなどを加えて出来るのもお酢ならではの特徴となっています。

もちろん活用術としては通常の料理として使うのもいいのですが、最近だとインターネット上でのレシピサイトなどにもきび酢を使ったレシピがあるので、参考にするのもいいでしょう。味に関してはとてもまろやかな口当たりとなっているので、サイダーなどで割って飲むという方法が手軽であり続けやすいようですね。

またヨーグルトなどに混ぜても独特の風味が混ざって美味しくいただけますし、きび酢とヨーグルト両方を一度に摂取することで様々な健康効果を得られるので、活用術の幅が広いという点はとても良いものですね。簡単に出来るという点では野菜などに漬けるだけで味もおいしくしみわたり、ご飯のおともとしても食べられるので、毎日続けられる健康食品としてとてもメリットがあるのも嬉しいですね。

きび酢の絶品ポテトサラダ

きび酢のドレッシングを使ったポテトサラダです。

□材料(4人前)

きび酢ドレッシング(市販のもの):小さじ4、人参 :1/2本、ハム:40g、じゃがいも:400g、きゅうり:1本、マヨネーズ:大さじ4、塩コショウ:少々、白ごま:少々

□作り方
  1. にんじんはいちょう切りにし、3分間レンジにかける。ハムは、1センチの細切りにする。きゅうりは、輪切りにし、5分ほど水にさらして、その後、水気をしっかり切る。
  2. じゃがいもは皮をむいて、乱切りにし、10分レンジにかける。
  3. じゃがいもは、熱いうちにフォークでつぶし、きび酢ドレッシング、塩胡椒を入れて、よく混ぜ合わせる。
  4. にんじん、ハム、きゅうりを加え、味付けの仕あげにマヨネーズを入れて、ざっくりと混ぜ合わせる。
  5. 器に盛り付けた後、白ゴマをふりかけて完成。

■ワンポイントアドバイス

じゃがいもは、水にさらしてからレンジにかけると固くならず、中まで火が通り、ふっくらとした仕上がりになります。にんじん、じゃがいもなどの野菜の下ごしらえを、お湯でゆでることなく、すべて電子レンジで調理できるところがお手軽で、おすすめです。マスタードを少量加えると、アクセントが効いて、大人の味になります。大量に作り置きもでき、野菜不足を補えるのが最大のメリットです。

彩り鮮やか季節の酢の物

□材料

きゅうり:1本、ラディッシュ:2〜3個、食用菊:30g、カニかま:2〜3本、いか:1杯、きび酢…適量

□作り方
  1. きゅうり、ラディッシュをスライスします。塩揉みをして置いておきます。 菊は塩ゆでし、水をしっかりきります。
  2. 菊は塩ゆでし、水をしっかりきります。
  3. いかは塩をいれたお湯に入れてかたくならないように火をとおします。
  4. きゅうり、ラディッシュ、いか、菊をジップロックに入れ、きび酢をくわえて30分ほどおきます。
  5. 盛り付けて、カニかまをほぐしたものをのせ完成です。

■ワンポイントアドバイス

いかに火を通すときは固くなりやすいので、沸騰したお湯に入れたら火を止めてかき混ぜ1分以内にザルにあげておくとうまくいきます。火をつけたままだと固くなってしまってもなかなか気付かないまま作業をしてしまい、食べたときにがっかりしちゃいますね。柔らかいいかだったら高齢のかたにも召し上がってもらえるいか料理になりますよ。赤、黄色、緑と色鮮やかな酢の物になっています。友人や客人をおもてなしするときこの一品でテーブルの上が華やかになります。冬なのにちょっと季節外れのお料理を出してみるのもいいと思います。

きび酢の商品ページはこちら

きびすって何?きびすの事を知ろう!

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

優秀な健康食品であるきび酢

きび酢と聞いてそれがどういうものだかすぐわかった方はどのくらいいるでしょうか。きび酢とは、沖縄地方では有名なさとうきびが原料で作られたものです。きび酢はさとうきびしか使っておらず、あとは空気中の酢酸菌や天然酵母で発酵させ熟成したものが完成品となります。2年以上熟成させなければならないので大変手間がかかります。原産地は奄美大島のかけろま島です。

きび酢の主要成分は、酸度が4〜5%と普通で、アミノ酸が0.5〜2%と多く、エキス分が5〜10%と普通の配分です。きび酢には、ミネラルが沢山含まれており、さらにポリフェノール、オクタコサノールという脂肪燃焼成分とストレス緩和に効果がある成分が含まれています。このオクタコサノールのおかげで、脂肪を燃焼させることができるのでダイエットがしたい方にはうってつけです。また、豊富なミネラルにより身体のむくみを内側からスッキリとってくれます。

塩分は少ないのと、マグネシウムやカルシウム、カリウムが成分として含まれるため血圧を下げる効果もあり血圧の高い方にもオススメの飲み物です。またきび酢の原料のさとうきびに含まれるポルフェノールは抗酸化作用の効き目が高いと言われています。さらに最近では抗がん作用もあると言われている優秀なお酢なのです。

【寒い冬にピッタリの煮込み料理 Part2】

豚肩ロースの煮込み

□材料(4人分)

豚肩ロース肉のブロック:400g 、塩:小さじ1 、小麦粉または片栗粉:適量 、しめじ:1パック、エリンギ:2本 、タマネギ:1/4個、にんにく:1/2片、オリーブオイル:小さじ4、バター:大さじ1、イタリアンパセリ:適量
(A) 赤ワイン(料理用の安いものでOK):1カップ 、水:1/2カップ、きび酢3/4カップ 、砂糖:大さじ1

□作り方
  1. 豚肉を1cmの厚さに切る。しめじを小房に分ける。エリンギは半分の長さに切ってから薄切りにする。タマネギとにんにくも薄切りにする。
  2. 豚肉に塩と小麦粉(片栗粉)を振る。フライパンでオリーブオイル小さじ2を熱し、中火で片面ずつ2分焼く。取り出したらフライパンをペーパータオルなどで拭いて綺麗にして、新しいオリーブオイル小さじ2を加える。オイルが温まる前ににんにくを1分程炒めて、タマネギを加えて更に2分炒める。
  3. (2)にきのこを加えて中火で更に2分程炒め、肉を戻し入れる。
  4. (A)を加えて強火で5分程煮立たせたら、弱めの中火で10分程蓋をして煮込む。
  5. (4)にバターを加えて一煮立ちさせたら完成。
  6. 器に盛ったらイタリアンパセリなどを添える。

■ワンポイントアドバイス

きび酢がない場合は寿司酢でも代用可能です。その場合は酢自体に砂糖が含まれているため、(A)から砂糖大さじ1を抜いてください。

ほくほくあったかやわらか手羽元

□材料(4人分)

手羽元:8〜10本、こんにゃく:一枚、厚揚げ:一枚、卵・4個、ごま油・きび酢:適量(A)お水:1と1/2カップ、きび酢:1/2カップ、醤油:大さじ2、砂糖:大さじ1、みりん:大さじ1

□作り方
  1. 卵は沸騰したお湯で15分ゆで、殻をむきゆで卵を作っておきます。
  2. 手羽元は味を沁みやすくするため、フォークを刺し、裏表に穴を開けておきます。
  3. 厚揚げを包丁で一口大にカットします。こんにゃくは手で一口大にちぎります。
  4. 調味料Aを小さなボウルなどで混ぜ合わせた後、鍋に入れます。
  5. (2)で穴を開けた手羽元との厚揚げとこんにゃくをい瞭蕕貌れ、ひと煮立ちするまで中火にかけます。
  6. ひと煮立ちしたら弱火にし、真ん中に1cm角の穴を開けた厚手のキッチンペーパーで落し蓋をし、20分煮込みます。
  7. 落し蓋をとり、,里罎罵颪鬚い譟▲櫂鷽櫃鯑鷦、ごま油を一周まわしかけたら完成です。 ■ワンポイントアドバイス ポイントはきび酢で煮ること!きび酢で煮ることでお肉がやわらかくなり、短時間の煮込み時間でもホロホロになります。こんにゃくは手でちぎるほうが、切断面が凸凹になり味が染みやすくなります。後にまわしかけるごま油とポン酢で味がまろやかかつ濃厚になります。
きび酢の商品ページはこちら

きび酢の基礎知識と冷えの撃退

きび酢の基礎知識について

沖縄県(かつては、独立国家の琉球王国、俗称レキオ)では、サトウキビを栽培しています。この農産物ですが、砂糖の原料となっています。そんな沖縄ですが、サトウキビのみを使った酢が在ります。それは、きび酢であり、沖縄県で湧き出る天然水と黍で作られます。作り方ですが、黍から搾り取った糖分が在る液体を釜で炊き(火を起こして炊いた場合、電気代は掛からないと思われます)、その液体に天然水を加えて熟成させます。熟成期間ですが、3年程度となっています。
きび酢を作る場合、1ℓを生産する際サトウキビは3kgが必須条件となっています。そのため、きび酢は市販品ならば、例えば700mlの商品では2千円位に価格設定されている事は少なくありません。きび酢の液体の色彩ですが、琥珀色(暖色系の色の黄赤や黄色に、黒や黒みの灰色を加えた色彩となり、中〜低明度の落ち着いた色調となっています)で気品が在るブランデー的な色となります。味ですが、飲み口はまろやかとなっていてほのかな甘味が感じられます。
きび酢ですが、カルシウムの含有量は米酢より多く且つカロリーは低めとなっています。酢よりもカルシウム含有量が多いため、飲用だけでなくて調味料にも適用できてより多くカルシウム摂取が期待できるようになっています。

きび酢で冷えや貧血も撃退

ほとんどの女性が冷えの症状を感じた事があると言います。女性の中の実に2人に1人は冷えの症状があるともいわれており、頭痛や肩こり、腰痛などの体の不調を引き起こす原因にもなります。中々改善しない辛い体の不調があれば、その原因は体の冷えかもしれません。この女性にとって辛い症状の冷えを改善する効果があるのが、きび酢です。きび酢の中に含まれている酢酸とポリフェノールが、血液の流れをサラサラにしてくれ、体の中の循環機能を高めてくれる効果があります。
血液の流れが良くなる事により、体の中が自然と温まり、冷えの他にも貧血も改善する事ができます。冷えが原因の体の不調改善につながる他、体の水分量のバランスも整えてくれる為、むくみや乾燥の解消にも繋がります。
また、冷えが子宮などの疾患へ繋がっている事もある為、生理不順や重い生理痛、不妊やPMS、更年期障害の症状など、女性特有の悩みの症状改善効果も得る事ができます。そして、ポリフェノールには、全身の活性酵素の働きを抑えてくれる効果もありますので、体のさび付きを防止し高いアンチエイジング効果を得る事や、日焼けの元となる紫外線を排除する事によって、日焼けのケアを行う事も可能です。

【寒い冬にピッタリの煮込み料理】

鶏手羽元の柔らか煮

鍋ひとつでぐつぐつ煮込むだけ。簡単美味しい、鶏手羽元の柔らかには、うちの子ども達にも大人気です。 鶏手羽元以外にも、ゆで卵や大根などを加えてみるのも良いですよ。かさましになりますし、何より味が染みて美味しい!!寒い冬にも持ってこいの、鶏手羽元の柔らか煮のレシピは以下の通りになります。

□材料(2人分)

鶏手羽元:10本、しょうが:1かけ、にんにく:1かけ、きび酢:2カップ、しょうゆ:大さじ3、砂糖:大さじ3

□作り方
  1. にんにくとしょうがをそれぞれスライスします。
  2. 鍋に、酢、しょうが、にんにく、砂糖を入れて、その中に鶏手羽元を入れて、中火で約25分煮て、好みの柔らかさになったところ完成です。

■ワンポイントアドバイス

鶏手羽元以外にも、ゆで卵や大根などの、お好みの食材を入れても美味しいです。中火で25分ほど煮た後は、ほったらかしにしないで、すぐに取り出すのがベターです。あまり煮込み過ぎると(好みの問題もありますが)味が濃くなり過ぎちゃいます。冷めても美味しいので、冷蔵庫に入れて、お弁当のおかずにするのも良いですね。しょうがとにんにくは最低でも1かけずつ使う事が大切です。そうすることで味がしまるような気がします。

きび酢の商品ページはこちら

知られざるきび酢の健康効果とは!

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

酢は健康効果が高いことで既に有名ですが、さとうきびから作られるきび酢の効能は未だあまり知られていません。数ある酢の種類のなかでも、きび酢はダイエットやアンチエイジングに高い効果を発揮する、優秀な酢なのです。沖縄の加計呂麻島で作られたきび酢は、さとうきびのしぼり汁をこの島特有の酢酸菌、酵母菌等により発酵させて作られています。

きび酢のカロリーは米酢の半分と低く、ナトリウム量も米酢の3分の1、穀物酢の3分の2です。カリウムについては穀物酢の30倍という含有量の高さを誇ります。低カロリー、低ナトリウムで血糖値上昇を防ぎ、ダイエットにも効果的な上に、カリウムが体に不要な水分や毒素等を体外へ排出してくれるというデトックス効果が期待出来ます。また、穀物酢や米酢に比べ、ポリフェノールの含有量は2倍です。ポリフェノールには細胞の酸化を抑えるはたらきがあり、体の老化を防いでくれます。きび酢の原産地である加計呂麻島の100歳以上の長寿人数が沖縄本土より多いということも納得出来ます。

また、骨を育て頑丈にするカルシウム量も米酢、穀物酢の10倍です。そして、含まれるクエン酸が体の疲れを取り除いたり、血圧や血糖値の上昇を防いだりしてくれる等、きび酢には健康に良い様々な効能があるのです。

きび酢の飲み方や活用術

上記で触れた通り、健康効果が高くダイエットや安千栄具に高い効果を発揮するきび酢は、男女問わず健康食品として優れているのが良い点ですね。さてこのきび酢なのですが、摂取方法としてはサトウキビから取れているとはいっても結構な酸っぱさがあるので、色々とアレンジをするのがいいでしょう。

一日の摂取量としては大匙1から2程度のものなのですが、基本的には薄めて一辺に飲まないように注意するのが望ましいとされています。お水などで薄めるのもいいのですが、結構飲みにくい酸っぱさが苦手ならばハチミツや黒糖、もしくはフルーツジュースなどで割って飲みやすくするのも良いでしょう。

炭酸水などで割ると腹持ちがよくなってダイエット効果としても良いでしょうし、当然ですがお酢なので料理に混ぜていただくという方法もおすすめできます。お酢のアレンジということなのでネットのレシピサイトも充実してきているので、様々な味わい方が出来るのもきび酢のメリットでしょう。健康を考えるのならば、普段の食事にきび酢を混ぜてゆくのをとてもおすすめしたいです。

【毎日飲めるドリンクレシピ】

きび酢はちみつドリンク

やや酸味の強いきび酢をちょい足しで飲みやすく!

□材料

きび酢:大さじ2、はちみつ:大さじ1、水:適量

□作り方
  1. コップにきび酢大さじ2とはちみつ大さじ1を入れ、水で割って飲みます。

■ワンポイントアドバイス

はちみつを多く入れるとはちみつの味が強くなり、甘いドリンクになってしまうので、好みで割合を変えましょう。夏場は氷を入れて冷たくして飲むとスッキリして後味もお酢のツ〜ンとした感じもなく飲めます。夏バテなどしたときに、ちょうどいい飲み物だと思います。他にはリンゴジュースやぶどうジュースなど、お酢と相性の良いジュースで割るのも飲みやすくなるポイントでしょう。
我が家も、きび酢とはちみつだけではお酢の感じが強すぎて子供たちに不評だったのですが、果物の風味のおかげか舌に馴染があるからか、喜んで飲んでくれるようになりました。お料理でもお酢を使いますが、昔は普通のスーパーに売っているお酢を使っていましたが、今では常にきび酢を使うようになりました。

そのまま飲むには強すぎた酸味も、調理することで色んな料理をさっぱりと食べやすいおかずに変えてくれるので重宝しています。

きび酢の商品ページはこちら

美容効果が高く栄養補給にも優れているきび酢

数ある酢の中でも特殊なきび酢

サトウキビからとれるきび酢は、数ある酢の中でも特徴的な存在です。原料がサトウキビという珍しさもさることながら、米酢や黒酢やもろみ酢といった堂々たるラインナップの中でポリフェノールの含有量がトップクラスのきび酢は、そのアンチエイジング効果にて他の追随を許しません。ポリフェノールでの美容対策や若返りを求めているのであれば、きび酢を毎日飲むことをおすすめします。

またきび酢には、カルシウムや鉄分、マグネシウムにカリウムといったミネラル分が豊富なのも特徴で、低カロリーで満遍なく栄養分を摂取できるものとしても、きび酢は人気です。天然のサプリメントとも例えられる栄養価の高さは、きび酢を取り入れる上での大きなメリットとなるでしょう。

お酢としてはナトリウムが低めなのも嬉しいポイントです。きび酢はその伝統的な製造法から塩分を加えることがない為、塩分が少ないのです。塩分量を気にしつつお酢の健康効果を得たいという時には、きび酢の特殊さが役に立ちます。美容効果が高く栄養補給にも優れ、体にも優しいきび酢は、『奇跡のお酢』と呼ばれています。そのまま飲んだり料理に入れたりと、様々な形できび酢を毎日の生活の傍らに置き、類まれなその特徴を全身で味わい尽くしていきましょう。きび酢でしか得ることのできない、健康効果というものがあるのです。

【大人も子供も楽しめるフルーツきび酢レシピ】

さっぱり飲みやすいきび酢のフルーツ牛乳

きび酢というサトウキビを原料として作られているお酢は、甘い香りとまろやかな口当たり、そしてミネラルを多く含むという事でダイエットや健康という面でも人気です。 少しの手間で毎日美味しくきび酢を飲めるレシピです。大人にも子供にも飲みやすくおすすめです。

□材料

きび酢:25cc、いちご:2〜3個、(いちごの代わりに自分の好きな果物)、牛乳:200ml、ハチミツ:大さじ1

□作り方
  1. 牛乳とはちみつを良く混ぜて溶かす。(冬場は、はちみつを混ぜる前に電子レンジで少し温めておくと混ざりやすいです。)
  2. きび酢を少しづつ牛乳に入れて混ぜます。
  3. 果物を一口大に切って最後に混ぜて完成です。

■ワンポイントアドバイス

簡単に出来ますが、良く混ぜるようにを意識すると尚のこと美味しくなります。

お酢を使ったリンゴのコンポート

よくあるリンゴのコンポートですが、お酢を使用することで日持ちもしますしヘルシーにもなりますのでお勧めです。

□材料

リンゴ:中サイズ2個、きび酢:100g、レモン:2分の1、砂糖:50g、水:100g

□作り方
  1. リンゴは皮をむき芯を取って薄切りにする。
  2. フライパンにリンゴを均等に敷き、水、きび酢、を加える。
  3. 2の上に砂糖を均等に振りかけて薄切りにしたレモンを載せる。
  4. 30分ほどそのまま寝かせておく。
  5. 砂糖が溶けてきたら中火にかけて、蓋をして全体が煮詰まるまで煮込む。
  6. リンゴの色があめ色になってきたら蓋を取って水気を飛ばす。
  7. 水気が飛んだら粗熱を取って容器に移す。

■ワンポイントアドバイス

あまり時間など気にせずに、サクサク作ってしまうのがコツです。感覚的に、このくらいと言うところで仕上げてしまっても、充分に美味しく出来上がります。酸味が、お酢とレモンで結構強くなりますので、甘味の薄いリンゴを使用の時は分量の調節をしてください。お酢が入ることによって日持ちがするようになりますので、冷蔵庫で1週間くらいは余裕で保存できます。アップルパイの中身として利用も出来ますし、ブランデーなどのおつまみにも中々合います。保存食としての利用も出来ますので、かなり便利な一品です。

きび酢の商品ページはこちら

最近注目を浴びているきび酢の健康効果について

きび酢の健康効果は豊富なミネラルが影響

お酢は昔から健康に良い物として知られていますが、その中でも黒酢の人気が非常に高まっていて、料理の調味料として使われる他にもサプリメントなどにも利用され、様々な方法でその健康効果を発揮しています。そんな黒酢人気の一方で、最近になって話題になってきているのが、さとうきびを原料に作られたきび酢というお酢です。同じお酢ではあるものの黒酢とは違う成分・特徴を持っていて、その健康効果というのもまた違うということで注目を集めています。

きび酢の健康効果は、きび酢に含まれるカリウムや鉄、カルシウムといったミネラル分に起因するものが挙げられます。カリウムは、体内の余分な水分や塩分を排出させて血圧低下の効果が期待出来ますし、鉄には貧血予防の他、血液中に含まれるヘモグロビンの材料となります。ヘモグロビンは血液中の酸素と結びつくことで血液を通して体中に酸素を行き渡らせる重要な成分ですから、これが不足すると生命活動にも影響します。

カルシウムは骨を形成し体の成長に影響します。こうしたミネラル分が通常の穀物酢に比べて10倍以上含まれているのが、きび酢の最大の健康効果と言えます。また、抗酸化物質であるポリフェノールも大量に含まれているので、アンチエイジングや動脈硬化の予防にも繋がります。黒酢も健康に良いものですが、並行してきび酢もしっかりと摂取しておきたいお酢です。

【お米料理とお米が合うレシピ】

子どもも大好きさけの混ぜご飯

いつもはなかに入っているさけをいっぱいつかった混ぜご飯は色も鮮やかで気分も上がりますよ。

□材料

サケ切り身1〜2切れ、ご飯:一合分、白ごま:適量、大葉2枚、きび酢30cc

□作り方
  1. あったかいご飯にらっきょう酢を入れ切るように混ぜます。
  2. さけは焼いておきます。さけをほぐし骨がないようにフレークのようにしておきます。
  3. 大葉は千切りにし水に少しさらしておきます。
  4. ご飯にさけ、大葉をいれ混ぜます。上から白ゴマをちらして出来上がりです。

■ワンポイントアドバイス

きび酢が甘いと感じる人は少し酢を加えて調整してください。ご飯はいつものお水の量より少し少な目で炊くと、酢をいれてもべちゃべちゃになるのを防いでくれます。枝豆を一緒にいれてもきれいに仕上がります。今回はシンプルな材料にしましたが、サケに合う具をいろいろ試してみるのも楽しいです。

青菜ときのこの中国風和え物

青菜ときのこの中国風和え物のレシピのご紹介です。このおかずは、お酢を加えた酸味が効いた和え物です。白米にも良く合い食が進むメニューです。

□材料

青菜:1束、しいたけ、しめじ、えのきなど、好きなきのこ:適量、生姜:少々、きび酢:大さじ2、醤油:大さじ2、胡麻油:大さじ2、塩:少々、出汁(できれば中国風):ワンカップ

□作り方
  1. 青梗菜は食感を残しながら食べやすくするため、株の上からざっくりと5センチ幅に切ります。葉は切らずにそのまま使用します。
  2. きのこ類も一口大に切ります。生姜をみじん切りにします。
  3. お鍋にごま油を熱して先に青梗菜を炒めます。出汁と塩を加えて炒め終えると、取り皿に盛ります。
  4. 青梗菜を炒めたお鍋で、きのこ類を炒めたら、きび酢、醤油、ゴマ油、生姜を加え炒めて出来上がりです。

■ワンポイントアドバイス

生姜の量は好みで加減するといいのですが、目安としてひとかけあれば、薬味の風味になりお料理が引き立ちます。青梗菜はお湯で下茹でする必要がありませんので、便利な青菜です。カルシウムも豊富です。白米と合わせたおかずにぜひ合わせてみてください。以上、青菜ときのこの中国風和え物のレシピでした。

きび酢の商品ページはこちら

きび酢の健康効果

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

調子が悪いときに最適なきび酢

私たちの体は、私たちが口にした食事から作られています。もし、体の具合が良くなかったり、肌の調子が悪かったりするようなら、食習慣を見直して、悪い点があれば改善しなければなりません。しかし、もしバランスの取れた食生活を心がけているのに体の調子がパッとしない、という方がいらっしゃれば、是非きび酢を試してみることをお勧めします。

きび酢とは、サトウキビを原料として作られたお酢で、私たちが最もよく利用する穀物酢や米酢に比べて、私たちの健康や美肌に役立ってくれる栄養素がたくさん含まれている素晴らしいお酢なのです。カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で、子どもから年配の方まで、ありとあらゆる方の健康をサポートしてくれます。

カルシウムは骨を健やかに保ってくれ、お子様の成長のサポートや年配の方の骨粗鬆症の防止に役立ちます。カリウムは、体の無駄な水分を排出してくれるため、浮腫みがちな女性にぴったりです。また、血圧を下げる作用もあり、高血圧の方に効果的です。

マグネシウムは、血糖値の上昇を防いでくれるため糖尿病予防に効果的です。また、便秘薬にも処方されているほど、便秘解消に役立つ栄養素でもあります。便秘薬を飲むよりも安全に便秘を解消できる、ありがたいお酢なのです。このようにきび酢には様々な効能があり、食品なので市販のサプリメントよりも安全です。毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

【体の調子を良くする野菜料のレシピ】

きび酢ドレッシングで簡単サラダ

お酢を毎日大さじ2杯程度摂ると健康にいいと言われていますが、ツンとした匂いや酸っぱさが苦手な方も多いですよね。ところが、きび酢はまろやかなくちあたりのお酢なのでとても食べやすいです。また、カリウム・鉄・カルシウムなどのミネラルやポリフェノールを含む、とても健康効果の高い食品として注目されています。今回はすぐに作れる簡単サラダをご紹介します。美味しく食べて、きび酢の健康パワーを体にとり入れてくださいね。

□材料

きび酢ドレッシング
きび酢:大さじ1、玉ねぎのみじん切り:大さじ3、水:大さじ1/2、塩:小さじ1/2、オリーブオイル:大さじ1、黒こしょう:少々

野菜
トマト:中1個、アボカド:1個%りんごジュース:100cc、きび酢:大さじ1〜2、炭酸水(砂糖・人工甘味料が入っていないもの。ガス入りのミネラルウォーターでもOK):50cc

□作り方
  1. トマトはヘタをとり、食べやすい大きさの乱切りにする。
  2. アボカドは皮と種をとり、1.5cmの角切りにする。
  3. ボウルに、きび酢・水・塩・黒こしょうを入れて塩が溶けるまでよく混ぜる。そこにオリーブオイルを入れて混ぜ、さらに玉ねぎを加えて混ぜる。
  4. トマトとアボカドをのボウルに入れてドレッシングで和えて、器に盛る。

■ワンポイントアドバイス

お好みで、黒こしょうの量を増やしても美味しいです。また、作り方い藁鼠を食卓に並べる直前にすることがポイントです。野菜とドレッシングを直前に合えることで、水分が出て水っぽい味になるのを防ぐことができるからです。

レンコンと青菜の梅肉和え

梅干しを風味付けにしたレンコンと青菜の梅肉和えのレシピのご紹介です。シャキシャキした食感と梅肉の柔らかさが美味しい一品です。

□材料

レンコン:40g程、青菜の芯:少々、梅干し: 数個、きび酢:小さじ1、みりん:小さじ2、醤油:適量

□作り方
  1. レンコンは口に運びやすいように包丁でイチョウ切りにします。
  2. お酢を少量とお湯を張った鍋で、レンコンの色が透明に変化するまでゆで、茹で上がり後に水を切っておきます。
  3. 青菜は、柔らかい葉っぱを千切りにします。茎の部分は筋を取り除いたあとに細切りにします。
  4. 梅肉用の梅干しは、種を外したあと包丁でみじん切りにします。
  5. ボールにきび酢、みりん、醤油、梅肉を入れて混ぜます。
  6. レンコンと青菜をイ猟缶N舛鵬辰┐届造┐泙后

■ワンポイントアドバイス

カロリー控えめの箸休めに最適な一品です。シャキシャキ感を出すポイントは、レンコンの茹で具合に左右されます。透明感が出てきたら茹で上がったということを目安にしておくと茹ですぎることはありません。お好みで、はちみつの効いた梅干しで料理すると、甘みを味わうことができます。刻み海苔や白ゴマをふりかけたアレンジも美味しいです。

きび酢の商品ページはこちら

きび酢で体力の底力をつける

パワーが欲しい時にきび酢が効果的

毎日の仕事、育児などで疲れやストレスを受けながら現代人は生活しています。もう少し頑張りたい、という時や、体力をつけたい、という時に強い味方になってくれるのが「きび酢」です。きび酢は、加計呂麻島で古くから製造されている天然発酵のお酢になります。さとうきびの皮に含まれているオクタコサノールを始めとして、体に嬉しい効果が得られる成分が豊富に含まれているお酢として、注目を集めています。

このオクタコサノールは、脂肪を燃焼させたり腸内にたまってしまった脂肪を排出させるダイエットに有効な効果がある事が分かりましたが、他にも、体力やスタミナ、ストレスへの抵抗力をつけたり、耐久力や持続力を強くさせる効果もあります。それに加えて、お酢に含まれている酢酸には疲労回復効果があります。

きび酢を摂取する事によって、疲れやストレスに強い体つくりをしたり、体力をつける事もできます。プロのアスリートの中には、瞬発力や体力をつけるために、オクタコサノールを摂取している人も多いです。大切な会議や出張が控えている時や、あと少しだけ頑張りたい、という時にも強い味方になるきび酢を摂取して、毎日の生活を頑張れる力を身に着けてみてはいかがでしょうか。

【力をつけたい肉料理レシピ】

鶏モモ肉の甘酢あんかけ

甘酢あんをきび酢で作ることにより普段とは違う味わいで堪能することが出来る料理です。

□材料

鶏モモ:300g、下味用:(醤油180cc、酒、胡麻油、各大さじ1)、人参、玉ねぎ、ピーマン、パプリカ黄、片栗粉:適量、甘酢あん用:(きび酢、醤油、砂糖、各大さじ3)、ケチャップ:大さじ2、酒:大さじ2、みりん:大さじ1、水:大さじ1、片栗粉:適量

□作り方
  1. 野菜はざるに入れ熱湯を通す。
  2. 甘酢あんはあらかじめ材料を混ぜ合わせて作っておく。
  3. 下味をつけた鶏モモ肉に片栗粉をまぶして、170度の油で揚げる。
  4. 揚がった肉と甘酢あんを一つのフライパンに入れ弱めの中火で加熱する。
  5. 甘酢あんは豚肉を使って、きび酢を大さじ2追加すると、パンチのきいた酢豚になります。

■ワンポイントアドバイス

また白身でなくても鯵やイワシのフライに使うと南蛮風の揚げ物になります。小口きりの葱を載せて盛付にアクセントがあれば、家庭料理のおもてなしとしても使えます。その他、甘酢あんは素揚げしたナスや玉ねぎと市販のあげた肉と合わせれば時短料理でいけます。揚げ出し豆腐には酢がきいた甘酢あんかけで、豆腐の個性をより引き出します。甘酢あんにオリーブオイルを落としてステーキ風に焼いた肉料理に添えれば立派なイタリアンです。バルサミコ酢でなくても米酢とを醤油などと相性も抜群です。発酵食品同士のコラボは絶妙の味バランスです。

手羽元の柔らかさっぱり煮

ほっこりとした和食料理なのでこれからの寒い時期はおすすめ料理です。これが一品あるだけで食卓が豪華に、そして手が込んだ家庭料理のように見えるので料理初心者にも挑戦しやすい料理です。甘めの味付けなので子供にも食べやすくなっているきび酢料理でもあります。

□材料

手羽元:5〜6本、きび酢:100cc、醤油:50cc、水:50cc、砂糖:大さじ3、しょうが:適量

□作り方
  1. 手羽元の水気をよく拭き取る。
  2. しょうがは、皮が付いたままでいいので薄切りにしておく。
  3. 鍋に、きび酢、醤油、水、砂糖を入れて、先ほど切ったしょうがと一緒に煮立たせます。
  4. 煮立ったところで手羽元を入れて蓋をします。
  5. 中火で約20分ほど、煮込み煮汁が半分ほどになったら完成です。

■ワンポイントアドバイス

しょうがを入れることで味がすっきりするところもポイントです。さらに彩りよくするためにはゆで卵やブロッコリーを添えると見栄えもよく豪華なお肉料理になります。お酢の効果でお肉が最後までふんわり柔らかく仕上がり、冷えても肉が硬くなることはありません。しっとりとした食感が食欲をそそる味となっています。

きび酢の商品ページはこちら

酒のおつまみにも合うきび酢の効能

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

きび酢の効能について

お酢がなんとなく体に良いものだということは皆さんも知っているかと思います。ですが、普通の市販で売られているお酢を知っていても、これまでにきび酢を試した事がある方はあまりいないと思います。

では、実際にきび酢は、どういう効能があるのでしょうか。まず、アンチエイジングの効能があると言われています。これは、抗酸化作用や抗糖化作用といったもので実現します。ですので、きび酢を使ってアンチエイジングを試してみる価値はあります。

また、アンチエイジングの他にもダイエット効果があると言われています。これは、クロロゲン酸といったダイエットを補助する成分が入っているからです。ですので、これからダイエットをやってみたいと思っている人や美容に気を付けようと思っている人はぜひこのきび酢を使ってみる事をおすすめします。

多くの方は思った以上にダイエット効果やアンチエイジングの効果を実感すると思います。また日頃から健康のために酢を飲んでいるという人も塩分の摂取にかなり気にしている人も多いと思います。そういう人にはぜひこのきび酢を飲んで欲しいと思います。それで多くの方はきっと塩分が少ないきび酢のすごさが分かると思います。きび酢は普通の酢よりも塩分が少ないです。

【お酒のおつまみに合うレシピ】

サッパリおつまみきび酢の砂肝

きび酢はなんとなく甘いイメージを持つ人も多いと思いますが、きび酢自体に甘い味が付いているわけではありません。しかし、他のお酢に比べて含まれている塩分(ナトリウム)がとても低いため、まろやかで口当たりが良いというのが特徴です。手軽なレシピですが、日本酒や焼酎が進む美味しいお酒のおつまみですので、ぜひ試してくださいね。

□材料

砂肝:300g、きび酢:130cc、きび酢:大さじ1、しょう油:大さじ3、柚子コショウ:適量、あさつき(小口切り):2本

□作り方
  1. 砂肝を薄くスライスする。塩をひとつまみ入れた湯を沸かし、砂肝を1〜2分茹でる。
  2. 茹で上がったらザルにあげて湯切りした後、水を張ったボウルに入れて流水でアクを取る。
  3. 別のボウルにきび酢・しょう油を入れて混ぜる。
  4. ペーパータオルなどで△虜輯里凌綉い鬚靴辰り取った後、のボウルに入れて調味液と砂肝を混ぜて冷蔵庫で15分以上休ませる。
  5. 器にい鮴垢衂佞院⊂紊らあさつきをかけて完成。お好みで柚子コショウを添える。

■ワンポイントアドバイス

スライスした砂肝の厚みに合わせて茹で加減を調整するのもいいでしょう。また、お好みで、きび酢・しょう油の調味液に大根おろしを入れたり、柚子コショウの代わりに豆板醤を添えても美味しいです。

かぶのお漬物

お酒のおつまみにもよい「かぶのお漬物」の作り方です。

□材料

かぶ:300g、きび酢:130cc、きび酢:大さじ2、塩:大さじ1、砂糖(糖分が気になる方は、てんさい糖を使用するのがおすすめです):大さじ1

□作り方
  1. 千枚漬けの様に、かぶはなるべく薄くスライスします。
  2. 用意したジップロック(ビニール袋でも可)にきび酢、塩、砂糖を加え、そこに先程スライスしたかぶを加え、しばらく重石をして漬け込んでおきます。
  3. 数時間、漬け込んで完成です。

■ワンポイントアドバイス

スーパーに売っているかぶよりも、JAの移動販売や野菜の直売をされているコーナーで買った方が、よりみずみずしく仕上がります。

漬け込む時のポイント

住んでいる場所によっても違いますが、雪の降る地方や比較的寒い地域の場合は、外に出してつけておくこともできますが、暖かい地方では酢を入れているとはいえ、腐ってしまわないように冷蔵庫に入れて重石をしておく方が無難です。

家に、昆布や唐辛子がある場合は、細く切って一緒に漬け込んでおくと、よりうまみが出てきます。かぶの皮が気になるようでしたら、皮むきで落としてもよいです。かぶの葉も同じ様に漬け込むことができますが、葉のにがみが苦手な方もいらっしゃるので、その場合は塩分を少し多めにして、長く漬け込むと味がなじみます。

きび酢の商品ページはこちら

初めにきび酢について知って下さい

奄美物産の加計呂麻きび酢商品画像

きび酢は生産地が限定されている

きび酢と聞いてそれがどういうものだかすぐわかった方はどのくらいいるでしょうか。きび酢とは、奄美群島内の加計呂麻島で伝統的に造られている珍しいお酢になります。きび酢の原料は奄美地方で有名なサトウキビになります。サトウキビに加計呂麻島内の湧水を入れて、後は空気中の酢酸菌や天然酵母で発酵させ熟成したものが完成品となります。発酵・熟成期間には2年間以上かかります。このことからもきび酢は、大変手間がかかるお酢であることが分かりますね。

また、発行も熟成も自然任せになり、色々な条件が整っている奄美大島の加計呂麻島以外では不思議なことに造ることが出来ないそうです。非常に作ることが難しく、また、伝統的な製法で自然任せですので大量生産が出来るはずもありません。その為、きび酢は貴重なお酢になります。

きび酢の効能

きび酢の原産地である加計呂麻島は、サンゴ礁に囲まれた亜熱帯に位置する島です。この島で育まれたサトウキビと天然の湧水は、驚くほど良質でそれを使用したきび酢は奇跡のお酢とも言われています。

きび酢は、低カロリーながら、ミネラル分やマグネシウムやカルシウム、カリウムが他のお酢と比べて多く含まれています。反対に塩分(ナトリウム)が低いため、血圧が高い方にもおすすめできるお酢になります。塩分が低い理由は、製造過程で塩分を一切加えていない自然任せな製造法だからだと言われています。また、ポリフェノールも多く含まれており、きび酢の原料のさとうきびに含まれるポリフェノールは抗酸化作用の効き目が高く、若さを保つように働いてくれます。

ダイエット効果も

きび酢には、オクタコサノールという脂肪燃焼成分とストレス緩和に効果がある成分が含まれています。既に蓄積されている脂肪を燃焼するほか、新しく体に吸収される脂肪を外に出す働きがあるので、ダイエットのサポート役として十二分に活躍してくれます。また、ストレス緩和の効能以外にもオクタコサノールは体力を強化してくれる働きもあるので、お酢がそもそも持つ疲労回復と相乗して辛い時に助けてくれます。

お酢の中でも健康や美容に対して高い効果を持っている事が判明されて注目を浴びており、利用する方も続々増えていますが、前述の通り貴重なお酢になりますので、どこでも買えるほど流通しているわけではありません。ですが、当サイトであればセット購入も可能ですのでご興味が湧けばぜひご検討下さい。

【毎日飲めるドリンクレシピ】

きび酢りんごジュース

きび酢にはカリウム・鉄・カルシウムなどのミネラル成分がとっても豊富ですが、美容と健康に嬉しいポリフェノールも多く含まれていて、その量はなんと米酢の約7倍にもなります。ポリフェノールには、身体に溜まってしまうと健康な細胞を傷つけて病気や老化の原因にもつながる活性酸素を身体から取り除く働きがあるそうです。毎日の生活に、きび酢をおいしく取り入れて、美しく健康な毎日を過ごしませんか?今回は、簡単にすぐ作れるドリンクをご紹介します。

□材料

100%りんごジュース:100cc、きび酢:大さじ1〜2、炭酸水(砂糖・人工甘味料が入っていないもの。ガス入りのミネラルウォーターでもOK):50cc

□作り方
  1. コップにきび酢とりんごジュースを入れて混ぜる。
  2. 炭酸水を,肪蹐、軽く混ぜて完成。

■ワンポイントアドバイス

寒い時期は炭酸水をお湯にかえて、ホットドリンクにしても美味しいです。一般的に、お酢の理想的な量は、1回の食事で10ml程を出来れば3回に分けて1日合計30cc程度と言われています。

また、食事中または食後に摂ることで、急な血糖値の上昇や血中コレステロールの合成を抑え、ダイエットに有効だと言われています。なお空腹時に飲むと強い酸の影響で、胃や食道に刺激を与えることがありますので控えた方が良いでしょう。

きび酢の商品ページはこちら

奄美黒糖焼酎の歴史

奄美黒糖焼酎の歴史

黒糖焼酎は奄美諸島の六島に産地が限定された本格焼酎であり、サトウキビを原料に米麹を使用して製造されます。

黒糖(サトウキビ)を原料にしているため、香りが甘いことが特徴で、同じサトウキビを使用して製造する“ラム酒”に感じが似てるので和製ラムとも言われます。

焼酎の始まり…その起源は古代ギリシャの哲学者アリストテレスが「命の水」の製法を実験した事が始まりで、日本へは約500年前に中国から沖縄へ渡来したと伝えられています。

その後、奄美に伝来して、奄美の主要農産物であった黒糖を使い、製法技術に幾多の改良工夫が加えられ、現在の黒糖焼酎が生まれたと言われています。

江戸末期の焼酎造りについて記述されている、名越左源太の「南島雑話」という書物では、米・甘藷・椎の実・蘇鉄の実・粟・桑・百合の根・南瓜等様々な原料が用いられたことが記されています。
この中に「留汁焼酎」とて砂糖黍をすましたる汁を入れることあり至りて結構なり」と示されており、ここに黒糖焼酎の原形をみることができます。

1953年(昭和28年)、奄美群島が日本に復帰した事に伴い、黒糖酒を焼酎として扱うように求める島民の願いもあり、取り扱いに関して議論がなされ、政府は戦後黒砂糖を原料として焼酎が製造されていた実績を斟酌し、米麹を併用することを条件として、特例的に大島税務署管轄内(奄美群島)のみに黒糖焼酎の製造が認められるようになりました。

黒糖焼酎は、まさに辛酸な歴史を繰り返した上で、ようやく手に入れた天与の恵みであり、奄美の特産品と言えるでしょう。