奄美大島の黒糖(黒砂糖)きび酢,もろみ酢,黒糖焼酎,などを取り扱ったお土産品の通販ショップです

奄美物産
RSS

健康効果が注目されているきび酢とは

奄美物産の加計呂麻きび酢の入ったグラス

お酢を使った健康術というのは数ありますが、使うお酢の違いによってその効能も違ってきます。こうしたお酢の健康術に使われるお酢は黒酢というのが定番ですが、近年注目されてきているのが沖縄などで栽培されているサトウキビを原料としたお酢、「きび酢」というものです。きび酢、と聞いてもあまりピンとこない方も多いかもしれません。きび酢は奄美大島からフェリーで15分程度で行ける島、加計呂麻(かけろま)島という島で伝統的に造られているお酢です。

本州などに住んでいる方にはあまり耳慣れないお酢だと思います。アミノ酸が豊富な黒酢とは違って、ミネラル分が豊富なお酢となっていて、カリウムや鉄やカルシウムといったミネラル成分が、一般的な穀物酢の10倍も含まれています。マグネシウムも2倍、さらには抗酸化物質であるポリフェノールも7倍ということで、一般的な穀物酢に比べて美容健康に適したお酢なのです。

抗酸化物質によるシミやシワの予防というのはよく知られていることですし、他にも健康効果としてカリウムによる動脈硬化や糖尿病、認知症の予防にも効果があると言われていますし、鉄分が豊富ということで貧血防止や血圧・コレステロールの低下などの効果もあります。ミネラルをサプリで補っている方などにオススメで、調理に使う、薄めて飲むなど利用方法も様々。健康維持には是非活用してみたいお酢です。

奇跡の酢、きび酢の健康効果に迫ります!

きび酢の「きび」は、さとうきびのこと。さとうきびのしぼり汁を大気中の酢酸菌や天然の酵母菌で発酵することできび酢は作られます。発酵も熟成も自然まかせ、大量生産はできません。長期熟成されるため味は他の酢と比べてかなりなめらか、ほのかな甘みもあり飲みやすいのが特徴です。

  • きび酢のダイエット効果:きび酢には、オクタコサノール、D‐マンニトール、クロロゲン酸が含まれています。オクタコサノールは運動能力を向上させる効果が。甘みがあり低カロリー、利尿作用や便秘解消効果が期待できるD‐マンニトール、クロロゲン酸には脂肪燃焼効果が期待できます。だからダイエットにきび酢は効果的なんですね。
  • きび酢の健康効果:動脈硬化予防、高血圧予防、美肌効果も。ポリフェノール豊富なのでアンチエイジング効果も期待できます。
  • きび酢の摂り方:1日あたり大さじ1杯から2杯が摂取目安です。8倍から10倍の水で薄めて飲んだり、ハチミツや黒糖シロップを入れると飲みやすいです。野菜ジュースやフルーツジュースに入れても、炭酸で割っても◎。酸っぱいのがどうしても苦手…という方はサプリメントで摂るのがおすすめです。サプリメントならば毎日続けて摂りやすいのがいいですね。

かぶの酢醤油漬

□材料(2〜3人分)

かぶ…中サイズ3個、酢…大さじ1、醤油…大さじ3、みりん…大さじ2、酒…大さじ1、唐辛子…1/2個、しょうがの千切り…少々、水

□作り方
  1. かぶの皮をむき、4等分〜8等分に切り、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱する。※電子レンジにかける時間の目安は、かぶ中サイズ3個:1分、竹串が刺さるくらい 
  2. 電子レンジにかけている間に漬け汁を作る。唐辛子を小口切りにし、しょうがは千切りにする。切った唐辛子としょうがをボウルに入れ、酢、醤油、みりん、酒と混ぜ合わせ、お好みで水で薄める 
  3. 電子レンジにかけたかぶを加えて、混ぜ合わせて1時間ほど置く。途中で何度かかき混ぜる

■ワンポイントアドバイス

とても簡単レシピです。漬け汁にお好みで砂糖を加えるとさらに甘酸っぱい感じになります。漬け汁を味見した時にご自分がちょうどいい程度に水で薄めてください。きゅうりや切り干し大根など他の野菜でもできるので、季節ごとの野菜で作れます。※きゅうりの場合は少し塩でもんでから漬けた方が味がよくつきます。切り干し大根の場合は、水でもどした後、かぶと同様に電子レンジで加熱します。

きび酢の商品ページはこちら

ページトップへ